8/23発バジェネバド 滑走4日目

バジェネバドでのスキーも後半戦。スキー4日目を迎えました。本日もいつも通りの青空が広がり、プロモ山がきれいに見えていました。この5000mを超える山頂付近でインカ時代のミイラが発見されたのですが、迫力の山容を目の前にすると、にわかには信じがたいですね。

IMG_5611

本日もプロモ山をバックに集合写真

IMG_8029

朝一の貸切状態のコースを滑ります。谷間に伸びるコースはゆったりとロングランを快適に滑れました。

IMG_8031

今日も時折皆様の滑りを撮影。バジェネバドのゴンドラをバックに

IMG_8035

バジェネバドのホテルエリアを入れて、

IMG_8039 IMG_8055

さらには、プロモ山を入れて撮影をしてきました

IMG_8061

午前に雪質が良い場所と午後から緩んで滑りやすくなるところを選びながら、滑って来ました。そして写真には取れませんでしたが、コンドルがスキー場を見下ろす岩山に佇み、羽を広げる姿も見られました。

IMG_8069

最後の1枚はパノラマで撮ったのですが、少しぶれて、幽霊のようなスキーヤーが映ってしまいました(笑

IMG_5608

 

明日はスキー最終日、ラ・パルバへと行ってきます。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: バジェネバド | コメントをどうぞ

8/23発バジェネバド エル・コロラドwithパタンさん

3日目のスキーを迎えた本日は、エル・コロラドエリアを目指します。そして本日は地元のインストラクター・パタンさんが一緒に滑ってくれました

IMG_7897

まずはウォームアップで滑る際のポイントをレクチャーしてくれました。

IMG_7903

エル・コロラドへ向かうコースがオーストリアチームのトレーニングに使用されていたため、少し歩いてエル・コロラドへと移動。

IMG_7909

サンチャゴ方面は雲海のようになり、周囲の丘が海に浮かぶ島のような風景を見せていました

IMG_7916

この連絡コースを滑って、エル・コロラドへ。左手にはコロラドの名の通り赤茶けた岩肌が見えています。

IMG_7919

右手を見ると前日に滑ったラ・パルバの全景が見えます。週末が終わり、どのスキー場も空いているようです。

IMG_7920

エル・コロラドはこんなレイアウト。レースのトレーニングや練習に最適な中斜面の一枚バーンが並びます

IMG_7925

ここではパタンさんと一緒にフォーメーションで滑って頂きました。実はパタンさんはアルペンのチリのナショナルチームのメンバーだっただけでなく、インタースキーのチリ代表として野沢温泉を訪れた経歴もあります。

IMG_7932

そして時折レッスンや遊びながらスキーの上達を意識させてくれます。

IMG_7944

こちらは急斜面でのレッスンの一コマ。上体をフォールラインに向けるようアドバイスがありました

IMG_7945

フォーメーションも何度かやるうちに、少しずつ皆様の息も合って来ました

IMG_7993

コースが空いているのでレッスンやフォーメーションには最適な日となりました。

IMG_8001

最後もバジェネバドに戻って仕上げのフォーメーション。

IMG_8026

 

一緒に滑った後は夕食前に一緒にビールで乾杯しました。Gracias Patan san

 

神﨑 裕一

カテゴリー: バジェネバド | コメントをどうぞ

8/23発バジェネバド ラ・パルバへ

滑走2日目の本日はラ・パルバへ行ってきました。リフトとTバーを乗り継ぎ進むと「ラ・パルバへようこそ」の看板が迎えてくれます

IMG_7836

サンチャゴの街並みも遠望できます

IMG_7837

ラ・パルバも各国代表のトレーニングが盛んに行われていました

IMG_7842

滑る合間に世界トップクラスの選手のトレーニングを間近で見られる贅沢です

IMG_7844 IMG_7845

特にドイツチームのダウンヒルは間近で見学。ジャンプ台は風を切る音、スピードと大迫力です

IMG_7855

さらにこのジャンプのあと、急カーブでもスピードを落とさずにターンしていくのは見事です

IMG_7856

今日は気温がプラスになる暖かな日だったのでテラスでランチタイム。ちなみに標高3100mです

IMG_7858

午後はチリの国旗をバックに集合写真

IMG_7862

そして皆様の滑りを撮影しながら滑りを楽しんで頂きました。

IMG_7879

今回のメンバーは足前が揃っていて、どんどん滑る方たちです

IMG_7882

それでも午後は雪が緩んできたので15時半ころにはホテルに帰着。プールなどでのんびりお過ごしいただきました

IMG_7885 IMG_7889

一方、ヘリスキーの撮影に行った田中カメラマン。

IMG_7987

良いコンディションに恵まれたようで、撮影も成功したようです。アンデスで標高差2000mを滑るバジェネバドでのヘリスキー皆さんも一度ご体験ください

IMG_5825 - コピー

 

明日はエル・コロラドに行ってきます。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: バジェネバド | コメントは受け付けていません。

8/23発バジェネバド 滑走初日@バジェネバド

本日よりバジェネバドでのスキーがスタート。まさに雲一つない青空が広がりました。

IMG_7802

本日は足慣らしでバジェネバドエリアを滑走。ホテルエリアをバックに集合写真。このあたりで3400mほどの標高です。一昨日の降雪のお蔭で雪質は上々。気持ちの良いスタートとなりました

IMG_7804

かなり多くの人が出ている様子だったので、早めにランチタイムへ

IMG_7809

パンプキンスープやバーガー、サラダなどでランチ。テラスで食べていても寒くないくらいの温度でした

IMG_7811

午後はこのエリア最高の3600m程のTres Puntasへ。長いJバーに乗ってアクセスします。

IMG_7814

ここまで登ると5430mのプロモ山が間近に見られます

IMG_7820

氷河を纏った堂々たる山容です

IMG_7823

そしてコース脇に入って撮影タイム。田中カメラマンの滑りの指示を聞いている皆様

IMG_7824

そして新雪を滑走!午後でも雪のコンディションはよく、気持ちよく滑れました。写真の出来は???今回のツアーに同行してバジェネバドの風景、ヘリスキーなどを撮影していますので、来シーズンのパンフレットにご期待ください。

IMG_7831

 

明日はヘリスキーに行く方とラパルヴァを滑る方に分かれてご案内します。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: バジェネバド | コメントをどうぞ

8/23発バジェネバドツアー アトランタ&サンチャゴ経由バジェネバドへ

Hola!バジェネバドツアーがスタートしました。まずは成田からアトランタへ。予定より早めに着いたこともあり、タクシーをチャーターして市内観光へ。

まずはアトランタと言えば、コカコーラ!

IMG_7740

夕方でミュージアムは閉っていましたが、併設のギフトショップを覗いてきました

IMG_7743

続いてはCNN。内部はユニークな作りになっています

IMG_7745

その後、マーチン・ルーサー・キングJrの歴史地区を訪問。永遠の火やキング牧師の言葉が刻まれたモニュメントなどを見てきました

IMG_7747

アトランタ空港に戻り、一路チリの首都サンチャゴへ。バジェネバドに向かう前に市内観光へ。まずは街の中心のアルマス広場へ。この日のサンチャゴは冷え込み、着陸時の気温は2℃。暑さ厳しい日本との気温差が激しいです

IMG_7754

16世紀にスペイン人のキリスト教布教目的で建てられた大聖堂。内部の装飾も見事です。

IMG_7759

大聖堂の前で集合写真。この広場には他にも博物館の建物など見ごたえのある建築物が並んでいます

IMG_7764

その後向かったのは、サンチャゴ市街地とアンデスの雪山の対比が美しいサンタルチアの丘。これから向かうバジェネバド方面も見えていました。

IMG_7773

その後は市場内のレストランにてランチタイム。まずは食前酒のピスコサワーで乾杯!

IMG_7779

チリやペルーの前菜と言えば、セビッチェ。(魚介のマリネ)

IMG_7780

ボリューム満点チリサーモンのグリルです

IMG_7782

併設の中央市場では民芸品などが売られていました

IMG_7783

バジェネバドに向かう途中ではスーパーに立ち寄り水などを購入。その後、いよいよバジェネバドへと登って行きます。

IMG_7790

前日に降雪があったため、早い段階から雪が見え始めました。また道路わきにはキツネが現れたり、悠然とコンドルが舞ったりとアンデスの自然を感じさせてくれました。

IMG_7794

九十九折りを登って行くと徐々にバジェネバドが近づいてきます。

IMG_7797

いよいよ標高3000m一面白銀の世界のバジェネバドに到着!

IMG_7801

 

 

地球の裏側までの長い移動でした。明日から5日間アンデススキーを楽しんで頂きます。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: バジェネバド | コメントをどうぞ

ツアー最終日 ワイナピチュ登山→帰国の途へ

早いもので今日でツアーは最終日。
本日は早朝から1名様と一緒にワイナピチュ登山へ。
雨予報でしたが晴れました!天候には大変恵まれています。

朝からマチュピチュへ行く人は多く、6時前から長い列が出来ていました。
ワイナピチュの登山口に7時過ぎに到着。
IMG_7542[1]

1日限定400名しか入山できません。
7時~のグループと10時~のグループに分かれます。
IMG_7543[1]

標高差約230Mでなかなかの急勾配。
整備されていますが、所々危ない箇所もあります。
IMG_7544[1]

IMG_7545[1]

約1時間で登頂!
そこからはまさに絶景です!
IMG_7547[1]

IMG_7548[1]

山上部にも遺跡があり、インカ文明の凄さを改めて知りました。
IMG_7546[1]

その後、無事下山。
他の皆さんはお買い物を楽しんでいました。
交渉もうまくいったとのこと!

午後、ヴィスタドーム号に乗り、オリャンタイタンボ駅へ。
IMG_7549[1]

車窓からはウルバンバ川、渓谷、ベロニカ山群、インカ道など素晴らしい景色が次々と移り変ります。
車内ではイベントも。ファションショーもあります!
その後、売りに来ます!このあたりがペルーですね。
IMG_7550[1]

その後無事クスコ空港へ到着し帰国の途へ。あっという間のスキーを通した旅でした。

南米はすべてが想像以上です。
ぜひ一度は南米スキーとマチュピチュ観光をご体験ください!

園原 遊

カテゴリー: マチュピチュ&ペルー観光 | コメントをどうぞ

世界遺産マチュピチュ観光

本日は後半のハイライト、マチュピチュ観光です!
インカ文明の空中都市マチュピチュ。
ここは未だに多くの謎に包まれた遺跡です。
天候は晴れ。
まずは、マチュピチュを発見したアメリカの考古学者ハイラム・ビンガムにちなんで付けらた九十九折のハイラム・ビンガムロードをあがっていきます。
IMG_7534[1]

その後、目の前には圧巻の景観と神聖な空気に包まれた遺跡が目の前に広がります。
IMG_7535[1]

すべてが皆さんの想像以上。
なぜ、こんな場所に遺跡が、、、
IMG_7538[1]

現地ガイド吉田さんの話しを聞くとマチュピチュの歴史が明らかになっていきます。
IMG_7537[1]

前までは征服者スペイン人に追いやられたインカ人が隠れるようにこの場所を造ったと言われていた説もありましたが、ここは元々スペイン人の征服に関係なく造られたインカ文明の遺跡らしいです。または交易の中継地点との説も。未だに多くの謎に包まれています。
IMG_7536[1]

しかし、この石造りには驚愕します。
勿論カミソリの刃一枚も通しません。
儀式の岩、見張り小屋、アンデネス、石切場、太陽の神殿、インティワナ、主神殿、コンドルの神殿など3時間かけて周りました。
驚きの連続です。
IMG_7539[1]

IMG_7540[1]

IMG_7541[1]

遺跡だけでなく、周囲の山々にも圧倒されます。
ここは世界複合遺産として、自然遺産と文化遺産両方に登録されています。

お昼後は、ご希望者と太陽の門インティプンクへ!
往復2時間の道のりです。

たくさん歩きましたが素晴らしい1日となりました。
その後は温泉へ!
しっかりと硫黄の匂いがします。
異文化体験もお忘れなく。

さぁ、明日も晴れるでしょうか⁈

園原 遊

カテゴリー: マチュピチュ&ペルー観光 | コメントをどうぞ

ペルー到着&クスコ観光

昨晩無事ペルーの首都リマに到着し、本日は朝からインカ帝国の首都コロニアルシティのクスコへ移動。
クスコは標高3400Mと高いですが、バジェネバドで滑走していた皆さんは問題なし!
高度は慣れたもんです。
IMG_7515[1]

クスコとはケチュア語で(へそ)という意味。インカ帝国を築いた人々にとってクスコはすべての中心でした。

現地ガイドの吉田さんが案内してくれました。旧市街の一部が世界遺産に登録されています。
アルマス広場、サント・ドミンゴ教会、カテドラル、12角の石、サクサイワマンなど見所たっぶり。インカ時代の石造りの歴史は非常に興味深く皆さんよく説明を聞いていました。
IMG_7516[1]

IMG_7517[1]

IMG_7518[1]

IMG_7521[1]

IMG_7522[1]

その後は、聖なる谷(ウルバンバの谷)を通りマチュピチュ行きの列車が発車するオリャンタイタンボへ。
この町は宿場町として人気があり大変雰囲気があります。
私のお気に入りの場所の一つです。
IMG_7519[1]

IMG_7520[1]

その後、無事マチュピチュビレッジに到着!
明日はいよいよマチュピチュ観光です!

園原 遊

カテゴリー: マチュピチュ&ペルー観光 | コメントをどうぞ

バジェネバド滑走最終日!!

本日は滑走最終日!
晴れて風も強くなく、最終日に相応しい天候となりました。
IMG_7505[1]

リフト運行前より準備!
皆さん気合い入ってます。
IMG_7506[1]

今日は2回目のラ・パルバ遠征。
貸切の斜面で雪質も良く午前中はひたすら圧雪斜面をロングランして楽しみました。
IMG_7507[1]

ランチは麓のMontanes.
IMG_7508[1]

チリの家庭料理エンパナーダを皆さん召し上がりました。
チーズが入っており腹持ちがいいんです!
IMG_7509[1]

最後は2回目のトレスプンタス3640Mへ!
全員Tバー攻略です。
9時~16時まで滑り込み満足の1日でした!
IMG_7510[1]

最後の晩餐はフレンチレストランで盛り上がりました。
IMG_7512[1]

IMG_7513[1]

IMG_7514[1]

無事5日の滑走を終えました。
明日はペルーへ移動です。

園原 遊

カテゴリー: バジェネバド | コメントをどうぞ

エル・コロラドスキー遠征

皆さん!
おはようございます。

素晴らしい朝焼けとともに1日がスタート。
南米アンデス山脈で見る朝焼けは一味違います。

IMG_5720

エル・コロラド移動中にポールをはっており通過できないコースが!
そこを颯爽と滑り抜けたのでは何とソチオリンピック回転金メダリスト、アメリカのミカエラ・シフリンと大回転と滑降の金メダリスト、スロベニアの
ティナ・マゼ!!!
ナイスタイミング!
来年はオリンピックですからね。

IMG_5728

IMG_5730

サンティアゴをバックに1枚。

IMG_5737

縦に長いコースが続きます。
最高です。
エル・コロラドはロングターンに限ります!

IMG_5741

昼過ぎにはサンティアゴがスモッグの中に。
盆地のためよくあります!

IMG_5747

本日の夕食は2回目のイタリアン!
皆さんに人気です。
私は前菜もメインもきのこ(ポルチーニ)!

南米の料理は本当に美味しいです!
不安がある方ご安心ください。

IMG_5753

IMG_5758

1日の締めくくりはこの夕日。

IMG_5754

明日は、ラ・パルバへ!

園原 遊

カテゴリー: バジェネバド | コメントをどうぞ