【9/2発アルゼンチン・バリローチェ】滑走3日目: セッロバージョへスキー遠征

すばらしいお天気に恵まれた、アルゼンチンスキー3日目。
今日はバリローチェから、国道40号線、途中から231号線、通称パタゴニアのセブンレイクスロ-ドを北へ80km走ってセッロバ—ジョスキー場へ行ってきました。
P9060047

P9060053

P9060056

ナウエルワウアピ湖とビクトリア島を北側から、西側に氷河を頂くトルナド-ルもその雄姿(3478m)が私達を出迎えてくれました。3峰がアルゼンチンとチリに国境をまたいで裾野を落とす南米大陸の名峰です。氷河が溶けて落下するとその振動で地鳴りがするほどです。そんな意味では、セッロバ-ジョは、カテドラルスキー場より景色はさらに素晴らしい。山頂に上がればナルウエルウアピ湖は勿論、セブンレイクスの一つであるコレント-ソ湖も眼下に見える絶景が堪能できます。ゲレンデは山頂付近には、オフピステ、アルゼンチンでは、通称フエラデピステを自由に滑らしてくれるレイアウトが素晴らしい限りです。バリローチェ滞在なら絶対に1日は、セッロバ-ジョがおすすめです。景観の素晴らしいコ-ス、滑り応えあるオフピステコ-ス、往復の点在するセブンレイクスロ-ドのビューポイントを楽しみながらのパタゴニアスキー!
P9060065

P9060069

P9060070

P9060072

P9060083

P9060084

P9060085

P9060093

P9060103

P9070106

P9070108

P9070112

P9070116

P9070130

P9070134

P9070138

P9070124

P9070141

P9070147

P9070152

P9070154

P9070158

P9070163

P9070171

P9070177

P9070182

P9070190

P9070191

P9070194

下山後はビィラアゴンストゥ-ラに立ち寄り、ナウエルウアピ湖と銀色に輝くアンデスのコントラストを楽しみカフェ。帰路では荒涼としたパンパを見て締めくくりました。
P9070199

P9070203

P9070204

P9070208

P9070212

P9070219

P9070226

P9070227

P9070229

P9070240

P9070242

P9070258

P9070259

P9070263

P9070265

P9070279

P9070287

P9070296

フェローにとっても久々のパタゴニアスキー、参加者のみなさんにとっても新たな海外スキーの歴史が刻まれたようでうれしいです。
水澤 史、春山泉

カテゴリー: その他   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク