世界遺産マチュピチュ観光

ペルーからこんにちは!
本日は後半のハイライトである世界遺産マチュピチュの観光です。

朝起きると晴れておりより期待が膨らみます。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_139d

バスに揺られること約25分。
マチュピチュの入り口に到着です。
ここで標高約2200M。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_139e

歩き出しまずは「見張り小屋」に到着です。
ここは全体を見渡せる場所にあり、周囲からの敵の攻撃などを見張っていた場所です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_139f

こちらは「葬儀の石」
神聖な儀式が行われる場所でした。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_13a0

その後、丘へ上がると。。。。。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_13a1

この景色を眺めに皆様ペルーまで足を運びました。
写真では伝わりきれないほど素晴らしい場所です。
遺跡は勿論ですが周囲を4,000M〜5,000M峰に囲まれた自然もまた雄大です。
ここは既にジャングルの入り口で亜熱帯地域です。
正面の山は「ワイナピチュ」

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_13a5

集合写真。
長旅お疲れ様でした!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_13a2

ウォルターさんの話に耳を傾けます。
ここには約750人のインカ帝国の人々が暮らしていました。
未だ何のために?なぜ滅亡した?など謎に包まれたことが多いです。
1911年アメリカの考古学者のハイラム・ビンガムに発見されるまでの約400年の間、誰にも見つかることはありませんでした。
約8割が昔のまま残っています。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_13a3

こちらは「太陽の神殿」
アンデス文明で太陽は非常に重要でした。
左の窓は夏至の時に光が差し込む窓、右側は冬至の時に光が差し込む窓です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_13a8

インカの人々は大きな石の裂け目に鉄を約8割含むアンデス岩で叩き、水を流し、膨張させ割って運んで利用していたそうです。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_13a6

こちらはトイレです。
人々の生活の跡もしっかりと残っています。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_13a9

こちらは水を貯め、天文観測として使われていた場所です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_13ab

「コンドルの神殿」
コンドルの顔と後ろの大きな岩が翼を広げたように見えます。
牢獄であった説もありますが定かではありません。
インカ帝国では「騙さない」「怠けない」「盗まない」の掟を破った者には重い罰が課せられていたそうです。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_13ac

遺跡内はリャマがよくお散歩しています。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_13a4

ご紹介したのはほんの一部。
紹介しきれないほどの神殿や遺跡がまだまだあります!

ランチ後は太陽の門「インティプンク」へ。
標高約2,720を目指します。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_13ad

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_13af

途中、お仲間を発見!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_13ae

片道約1時間ほどで到着です!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_13b1

ここからの景色も絶景です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_13b0

終日、遺跡観光を満喫した後は温泉へ。
硫黄の匂いがする正真正銘の温泉です。
疲れた体を癒しました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_13b2

大満足の1日でした。
明日は移動し日本へ戻ります。
皆様、是非南米スキーとマチュピチュにお越しください。
刺激的な旅が待っていますよ!

園原 遊

カテゴリー: マチュピチュ&ペルー観光 | コメントをどうぞ

クスコ観光→マチュピチュ到着

ペルーからこんにちは!
スキーを終え7名のお客様はチリからペルーへ国を変え、昨晩はペルーの首都リマに泊まり朝クスコへ移動しました。

クスコはインカ帝国時代の首都として栄え、ケチュア語で「ヘソ」という意味でアンデス文明の中心地でした。
南米大陸最大の帝国でしたが1532年スペイン人征服者によって滅亡へと追いやられてしまいました。
その歴史を現地ガイドのウォルターさんが案内してくれました。
岡山に県に8年ほど住んでいたそうです。

まずはサント・ドミンゴ教会(コリンチャンカ=太陽の神殿)へ。
ここは昔、太陽の神殿でしたがスペイン人によって破壊されインカ帝国とスペイン人の建築が融合されて今も残っています。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_138e

こちらはインカ帝国時代の石造り。
カミソリの刃一枚も通しません!
石を切ったのではなく、叩いて潰してこの形になりました。
気の遠くなる作業ですね。。。しかし、素晴らしい1

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_138d

こちらは征服したスペイン人の石造り。
石と石の間は土で埋めています。
地震があった際、インカ帝国の石造りは倒れず残っていたそうです。
インカの石造りは必ず斜めに建物を造り工夫もされています。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_138c

こちらは太陽が差し込む光を利用して暦として利用していました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_138f

街中を歩くとインカ帝国時代の石造りの上に今の建造物が存在しています。
そしてインカ帝国時代でも左と右で造りが異なります。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1390

こちらの石はピューマに見えるそうです。
わかりますか??

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1391

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1392

こちらは代表的な「12角の石」
この時代の石造りの技術には本当に驚かされます。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1393

その後、アルマス広場へ。
シンボルのカテドラルがあります。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1394

お昼はインカコーラで乾杯!!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1395

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1396

ランチ後は車でオリャンタイタンボへ。
道中、ウルバンバの谷をバックに1枚。
標高約3700Mほどの場所です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1397

こちらでは買い物も可能です。
現地の帽子を購入し現地の方と1枚!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1398

もう1名様は覆面を購入しました!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1399

オリャンタイタンボからはインカレイルでマチュピチュへ。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_139a

走って10分ほどでベロニカ山群(5750M)のお出ましです。
雲がかかり山頂は望めませんでしたが、雪と氷河を抱く山です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_139b

走ること1時間40分。
無事標高2000Mのマチュピチュに到着!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_139c

明日が楽しみですね!

園原 遊

カテゴリー: マチュピチュ&ペルー観光 | コメントをどうぞ

9月6日出発南米スキーツアー最終滑走日

チリからこんにちは!
早いもので本日が最終滑走日です。
今シーズンは正直雪不足の南米でした。
今回もツアーも行けないスキー場もありましたが怪我なく最終日を迎えることが出来ました。

サンティアゴ方面は晴れていますね。
綺麗な景色です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_137d

南米唯一のゴンドラです!
観光用も兼ねています。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_137c

最後のランチはイタリアンで!
ボリュームはどこも満点です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_137e

午後はトレスプンタスへ。
トレスプンタスとは3つの先端という意味。
3つある峰の山を指します。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_137f

3760Mで、せ〜〜〜〜〜

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1380

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1381

のっ!!!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1382

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1383

チリと日本の未来の安全と発展を願います。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1384

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1385

その後はお一人ずつ国旗と一緒に記念撮影!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1386

ラストランです。
雪も緩みラストランに相応しい斜面で気持ち良く終えることが出来ました!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1387

最後の夜はチリ料理で締めくくります。
チリは海に面しているため大変魚介類が新鮮で美味しいです。
サーモンは勿論、マス、穴子、カキ、ウニ、フジツボ、エビ、蟹、ホタテなど何でもあります。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_138a

このスープは具沢山で美味しかったです。

ho5sOPTCTrGL56HY5qrRDQ_thumb_1388

xTy80GmySD6kl2P7vaex8w_thumb_1389

他にもイタリアン、フレンチ、ビュッフェと日替わりで楽しめます。

無事怪我なく終えることが出来何よりです。
明日1名様は帰国、7名様はペルーへ向かいます。

園原

カテゴリー: バジェネバド | コメントをどうぞ

滑走4日目チリスキーレッスン

チリからこんにちは!
本日は滑走4日目。
早いもので明日で最終滑走となります。

朝は入念に準備運動。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_136f

雪が緩むのが昨日より早くアルペンチームのトレーニングコースを滑走します。
各国のナショナルチームやジュニアの子たちがトレーニングに午前中は励んでいます。

コースもロングで気持ち良いの一言。
南米のコースも他に引けをとりません!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1371

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1372

午後からはチリスキーインストラクターで野沢温泉のインタースキーにチリ代表として参加経歴を持つパタンさんのレッスン!
何と5ヶ国語を操ります。

楽しさを一番に的確にアドバイスをしてくれます。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1373

最後は全員でフォーメーションスキーです。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1374

プロモ山をバックに皆様完璧ですね!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1375

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1376

終了後に記念撮影。
お客様が日本とチリの国旗を持ってきていました。
素晴らしい!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1377

このジャグジーも南米ならではです。
何と後ろにはコンドルが!
分かりますか?今週3度現れました。
コンドルを見ながら入るジャグジー。他では決して味わえないですね。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1378

コンドルはアンデス山脈に生息し、主に生きた動物を狩るのではなく、死んだ大型動物を食べます。
翼を広げると3Mほどにもなります。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1379

明日は滑走最終日です。

園原 遊

カテゴリー: バジェネバド | コメントをどうぞ

快晴のバジェネバド!

チリよりこんにちは!
本日は滑走3日目です。
バジェネバドを中心に滑走します。

雲ひとつない綺麗な朝焼けとともに1日は始まりました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_135e

各国のアルペンチームが毎朝トレーニング中。
こちらはドイツ代表です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_135f

朝は雪がかなり固いためスタート時間を多少遅らせ、雪を緩むのを待ちます。
日が当たる北斜面は滑りやすく爽快です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1360

その後は、プロモ山やビスマルクをバックに写真撮影。
皆様キマッていますね!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1361

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1362

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1363

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1364

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1365

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1366

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1367

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1368

お昼後は3670Mの最高地点「トレスプンタス」を目指します。
まずはエリア最長のJバーにチャレンジします!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1369

途中ほぼ直角に曲がるJバーですが、皆様無事山頂に到着!
南米スキーはJバーが多く、所々乗らなくてはいけない箇所があります。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_136a

目の前にはプロモ山。
氷河を抱く山です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_136b

記念の1枚!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_136c

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_136d

快晴の中無事1日を終えることが出来ました!
皆様焼けましたね!

乾杯!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_136e

 

 

こちらは昨日の夕景。
アンデス山脈が真っ赤に染まる夕焼けは絶景です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_135d

園原 遊

カテゴリー: バジェネバド | コメントをどうぞ

ラ・パルバスキー遠征!

チリからこんにちは!
本日はラ・パルバスキー遠征です。

まずはJバー「Inca」からアクセス。
皆様Tバー、Jバーはお手の物です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1350

ラ・パルバの遥か向こうにはサンティアゴも見えます。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1351

準備体操もして出発準備完了です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1352

綺麗に圧雪された最高のバーンですが朝方はかなり固め。
しかし、人は少なくストレスなく滑走できます。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1354

雪が緩むまでしばしお茶休憩。
太陽が心地よいです!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1353

その後、左エリアの長いリフトを利用しロング滑走。
シンボルの山ラ・パルバをバックに1枚。
アルペンチーム以外、殆ど人はいなく貸切状態です!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1355

ランチはテラスでサンドイッチ!
ボリューム満点で味もGood!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1356

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1358

午後は雪も緩み、午前より快適に滑走出来ました!
エル・コロラド、ラ・パルバ、ファルジョネスの街がしっかりと見えます。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1359

その後、バジェネバドへ。
気持ちの良いザラメ雪です!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_135c

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_135b

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_135a

無事スキー遠征終了!

最後に昨日の写真ですがコンドルが飛んでいました!
分かります??
アンデス山脈らしい1枚でした。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_134f

明日は最高地点、トレスプンタスを目指します。

園原 遊

カテゴリー: バジェネバド | コメントをどうぞ

9月6日出発南米ツアースタート!

南米ツアーの始まりです!

今回は8名様のご参加です。
地球の裏側を目指し経由地のアトランタに到着。
アトランタ空港は20年連続利用者人数世界1位の空港です。
1日約25万人の方が利用しています。

鉄道が敷かれ発展を遂げたアトランタですが、大企業の本社も多く拠点を置いています。
まずはコカ・コーラパークへ。
ショップは空いているためこちらでお買い物。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1340

その後CNNの本局を覗き、最後はキング牧師の歴史地区へ。
公民権運動で有名な「I hava a dream」の演説写真も展示してありました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1342

アトランタを後にしサンティアゴを目指します!
地球の裏側はやはり遠いです!しかし、行く価値があるそんな場所です。

まずはアルマス広場へ。
1541年にスペインからバルディビア一行がここサンティアゴに上陸し街の基盤を作りました。
それからチリは南米屈指の経済水準を誇る国へと発展を遂げ、治安も南米で最も良いと言われています。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1343

こちらは大聖堂。
チリのカトリック総本山です。チリの人々の約9割がカトリック教徒です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1344

バルディビアの像の前で1枚。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1345

その後、ランチでお腹を満たし、九十九折りの道を進み無事3000Mのバジェネバドに到着です!
ここまで来れば後はスキーイン・スキーアウト。

 

 

滑走初日は素晴らしい快晴です!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1348

多少移動の疲れはありますが、久しぶりの雪を皆様存分に楽しんでいました!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1349

Tバーも皆様パーフェクト!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_134a

北斜面は雪が良い感じに溶け、気持ちの良い最高のザラメ雪です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_134e

コースも変化に富んでおり飽きがこないレイアウトです。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_134d

お昼はボリュームたっぷり!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_134c

15時半頃まで滑走しました。
シンボルのプロモ山(5430M)をバックに。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_134b

明日は「ラ・パルバ」へスキー遠征です。
明日も快晴予報!焼けますね〜。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1347

園原 遊

カテゴリー: バジェネバド | コメントをどうぞ

8/23発チリスキー&マチュピチュ マチュピチュ観光へ

いよいよマチュピチュ観光に出発です。朝7時過ぎから移籍へ登るバス乗り場に向かいましたが、30分ほど並びました。私が以前10年以上前に訪れた際は、こんなに並ぶことはなかったので、近年さらに人気が出てきているようです。

IMG_8284

バスに揺られること約30分。遺跡が前方に見えてきます。

IMG_8291

バスを降りた後、10分ほど登って来ます。遺跡の一部は見えますが、まだ全景は見えません

IMG_8299

坂を登りきると”見たことがある風景”が目の前に広がります。TVやガイドブックなどで良く見かけるマチュピチュ遺跡が目の前に広がり、感動です!

IMG_8301

まずは皆様で集合写真

IMG_8307

その後、遺跡の中をガイドさんの案内で回ります。

IMG_8319

見事な石組みの上に段々畑の跡が広がります

IMG_8329

こちらはマチュピチュが発見された当時の写真

IMG_8337

を意識してモノクロで撮影してみました(笑

説明を聞きながら廻るとインカの人々の技術、知識に圧倒されます

IMG_8355

インカ皇帝の部屋、水場、太陽の神殿、日時計など様々な施設が揃っています

IMG_8361

こちらは太陽を観測したという水面鏡です。

IMG_8368

遺跡の周辺で草を食むリャマも撮影

IMG_8376

午前中は遺跡を廻って入り口前のホテルでランチタイム

IMG_8378

午後は太陽の門、インティプンクへと行ってきました。

IMG_8381

遺跡を背に約1時間インカ道を歩いていきます

IMG_8397

ワイナピチュよりも標高の高いインティプンクに到着です。

IMG_8401

ここからはバスで登ってきた九十九折の道や遺跡を見下ろす絶景が広がります。時間があれば是非訪れてみてください

IMG_8405

その後、街まで戻りインカ皇帝パチャクティの像がある広場などを歩き、ビールで乾杯してきました。

IMG_8407

 

神﨑 裕一

カテゴリー: マチュピチュ&ペルー観光 | コメントをどうぞ

8/23発 クスコ観光とマチュピチュへ

今回の旅はもう少し続きます。バジェネバドからサンチャゴへ下った後、航空機でリマへ。リマにて1泊したあと、朝の航空機でインカの都クスコへ。

機内からは氷河をいただいた山などが見え、遊覧飛行のようでした

IMG_8146

1時間半ほどのフライトでクスコへ。世界遺産のクスコの町も上空から見えてきました。

IMG_8150

到着後、クスコの市内観光へ。まずはコリカンチャと呼ばれる太陽の神殿へ。

IMG_8154

インカの神殿の上にスペイン人がキリスト教の教会を建てたところです。インカの見事な石組みが見られます

IMG_8163

裏側には広場があり、斜面に広がる街並みまで見渡せます

IMG_8166

広場ではインティライミという儀式を子供たちが再現するイベントを行っていました

IMG_8175

その後、旧市街を歩き、12角の石を見学したり、

IMG_8186

インカの9代皇帝パチャクティの像や教会が並ぶアルマス広場を巡りました

IMG_8196

時間に余裕があったので近くのお店に立ち寄りました。アルパカの製品やチョコレート、アンデスの塩などが売られていました

IMG_8202

その後、ランチタイム。久しぶりにインカコーラを頼んでみました。食事には合いませんが(笑、ペルーのドリンクですので一度はどうぞ

IMG_8206

前菜はキヌアのスープ。野菜もたっぷり入って優しい味付けでした

IMG_8209

チキンのメインなどを挟み、食後はコカ茶。高山病にも効くと言われるお茶です

IMG_8216

午後はマチュピチュへの列車に乗車するオリャンタイタンボまでドライブ。途中、峠を越えて進みます。

IMG_8221

3700mほどの峠からは5000m峰が見えていました

IMG_8223

オリャンタイタンボの町の街灯にはコンドル、ピューマ、ヘビをモチーフとした装飾がなされていました。インカを象徴する3つの動物です

IMG_8242

そしていよいよ列車に乗ってマチュピチュビレッジへ

IMG_8247

約1時間40分ほど車窓を楽しみながらの列車の旅です

IMG_8267

 

日が暮れたころにマチュピチュビレッジに到着

 

IMG_8278

 

明日はマチュピチュ遺跡の観光です。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: マチュピチュ&ペルー観光 | コメントをどうぞ

8/23発バジェネバド スキー最終日

スキー最終日の本日も青空が広がりました。月も浮かんでいます。

IMG_8074

今日のスキーの前に少しホテルのご紹介。ホテルにはスポーツショップなどが数軒あります。そしてバジェネバド・ストアもそのひとつ

IMG_8079

今年OPEN30年を迎えるバジェネバドのグッズも売ってます。

IMG_8080

そして、バジェネバドと言えば、ここ。テラスの温水プールです。ビールなどを片手にのんびり浸かる方が多くいます。実は日が暮れてもやってます。出るとき寒そうですが。

IMG_8113

本日は再びラ・パルバへ。今日も各国の代表がトレーニングを行ってました。たいてい昼頃にはトレーニング終了。ランチレストランで見かけたスイスチームはアルコールも入りテラスでのんびり過ごしてました。

IMG_8081

選手たち以外はスキーヤーは少なく非常に快適に滑ることができました

IMG_8086

今日も皆様のすべりを撮影

IMG_8092

身体も順応して滑りもバッチリです

IMG_8096

3000mの標高でもキレキレの滑りです

IMG_8103

ランチはラ・パルバのベースでお召し上がりいただきました。

IMG_8110

 

明日はマチュピチュ組と帰国組に分かれるため、ディナー前に皆様で乾杯!スキーのレベルが高く、楽しいチームになりましたね。ありがとうございました。

IMG_8119

 

それぞれもう少し旅が続きます。最後までお気をつけてお楽しみ下さい。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: バリローチェ | コメントをどうぞ