【9/2発アルゼンチン・バリローチェ】ブエノスアイレス観光

Hace buen tiempo, Bien Aires!
P9070281

ブエノスアイレスよりお届けします!
本日アルゼンチン滞在最終日、首都ブエノスアイレスの観光にご案内しました。

まずはサンニコラス地区から。
ブエノスアイレス市内を南北に貫く7月9日大通り沿い、シンボルのオベリスコと世界3大劇場のひとつコロン劇場を外から見学。
P9100756

P9100757

続いて、モンセラート地区へ。
大聖堂(カテドラル・メトロポリターナ)、12人の使徒を表現した12本の柱、入り口に燃える炎は1827年の完成当時から絶えず燃え続け、”永遠の炎”と呼ばれています。
P9100763

P9100766

厳粛な雰囲気漂う、広い教会内も見応え充分!
P9100772

南米解散の父、サンマルティン将軍の棺も安置されています。
P9100781

少し移動して5月広場へ。
1810年の5月革命と独立宣言、その後の1周年を記念し建てられた5月の塔。
P9100798

歴史を象徴するピンク色のカサロサーダ(大統領府)。
P9100802

国会議事堂を通り、
P9100807

いよいよ、ガラッと雰囲気の変わるボカ地区へ。港町として栄えた活気あるエリアです。
まずはサッカークラブ、ボカジュニアーズ・スタジアム周辺を見学。
P9100808

P9100815

P9100818

P9100821

P9100824

タンゴ発祥の地、カミニート。Caminito=”小径”の意、カラフルに塗られた建物が並び、絵画やオブジェも目を楽しませてくれます。リアチュエロ川まで続く独特な雰囲気の中を散策しました。
P9100835

P9100845

P9100851

P9110862

たっぷり観光後は再び車を走らせ、プエルトマデーロ地区へ。
最後のランチも、やはりお肉で!
サラダバーとアルゼンチン牛の種類豊富なビュッフェ、なんと飲み放題付きで豪快なランチとなりました。お腹いっぱい~。
P9110871

P9110874

午後は買い物天国のコリエンテス通り、フロリダ通りでショッピングモールに立ち寄り。
P9110885

最後のスポットは、レティーロ地区のサンマルティン広場。土曜日で日光浴をする人々で賑わっていました。
P9110888

P9110889

夕方、市内を後にし空港へ。
夜の便で帰路につきます。
ブエノスアイレスは見どころたくさん、お天気にも恵まれ情熱の国アルゼンチンの旅の最後に色を添えてくれました。お天気に恵まれた1日に感謝!
40周年の記念ツアーにご一緒頂き、本当にありがとうございました。久々のアルゼンチンツアー、15年ぶりのバリローチェスキーが終了!唯一の南米スキー専門店として、これからも新しいエリア、南米ツアー拡充をしていきます。
今後とも宜しくお願いします!

春山 泉

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

【9/2発アルゼンチン・バリローチェ】バリローチェ〜ブエノスアイレスへ!

9月9日(金)
曇り、小雨
今日はバリローチェを去る日です。出発までバリローチェのミニ観光。
まずはバリローチェと湖水を見下ろす標高1040mのカンパナリオへ。
P9090576

P9090578

P9090579

P9090581

P9090583

P9090584

P9090586

P9090587

この絶景と周囲の位置関係を再確認。奥にはジャウジャウホテルが見えました。クリントン、オバマ大統領も泊まった5ツホテルです。
P9090590

P9090592

P9090594

P9090600

P9090606

P9090608

P9090609

P9090610

それから春山の通訳でHavannaチョコレート博物館チョコレート工場見学。
かなりみなさんチョコレート購入されていました。
P9090611

P9090613

P9090614

P9100615

P9100616

P9100617

P9100618

パタゴニア鉄道が敷かれていた、旧バリローチェ駅舎を見学。
P9100620

P9100621

P9100623

P9100625

P9100626

P9100629

バリローチェを後にして、ブエノスアイレスへやってきました。
P9100637

P9100638

P9100639

最後の夜は、やはりアルゼンチンビ-フのディナー!
P9100646

P9100651

P9100652

その後、22時からブエノスアイレスのタンゴショ-へ。
El Vieho del tango、最初の27年前とあまり変わらない雰囲気に安心しました。Almacenというテアトロですが、昔は病院でした。その後は船乗りが集うバ-ル兼食事処とするのが起源です。ここのタンゴショ-は、トラディショナル、昔ながらの伝統的なアルゼンチンタンゴを客席も近くライブ感覚タップリのタンゴを見せてくれます。中間にペルーのフォルクロ-レもあり、そしてまたアルゼンチンタンゴへとショ-は続きます!かつては航海、商船の船乗りがつかの間のブエノスアイレス滞在に酒場で哀愁溢れるタンゴを踊ったとか、ブエノスアイレス、モンテビデオの歴史、文化なのです。
P9100653

P9100659

P9100670

P9100673

P9100674

P9100684

P9100689

P9100700

P9100710

P9100716

P9100716

P9100719

P9100725

P9100746

フェロー40周年記念ツアーでこうしてアルゼンチンタンゴ、それもALMACENで鑑賞していることが時空を超えてフェロースキーはやはり南米スキー、アルゼンチンスキーに再び戻ってきた感じです。
このブログもタンゴを感じながら、El Viejo で書きしるしています。

水澤史

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

【9/2発アルゼンチン・バリローチェ】滑走5日目: 新雪&オフピステ三昧!or島巡り観光

9月8日(木)
アルゼンチンスキー5日目
天候雪
Mucho furio hoy!
今日は久々の雪。セッロカテドラルに4名様とスキー。
あとの人達はアラヤネスの森へのクル-ズへ。

<スキー組>
視界はなんとか?木々が霧氷を帯びて美しく化粧しています。
image

スキーは流石に重い雪でしたが、約20cmの降雪に一面銀世界へ。
ヘビーパウダー、ゲレンデがオフピステに変身。みなさんかなり攻めていました。最終日をがっつりとスキー組は滑走しました。
image

image

image

<ビクトリア島とアラジャネスの森>
昨日までたっぷり滑って今日はスキーお休み組、7名様とナウエルウアピ湖の島巡りオプショナルツアーへ行ってきました。
天候は雨でしたが、植物が映える景色を求めて。
街はずれのジャオジャオ村の船着き場から船に乗って出発。
P9090393

P9090394

P9090397

P9090405

P9090409

今年の3月には、オバマ大統領も乗船されたそうです。
P9090407

ナウエルウアピ湖上をクルーズ、約1時間でまず到着した先は、一昨日訪れたアンゴストゥーラの街から先に伸びた島の対岸にある「アラジャネスの森」。
ここはウォルト・ディズニーがかつて訪れ、この赤茶の木肌の森から「バンビの森」を着想したと言われる場所。雨の日は植物が生き生きして特に綺麗に見えます!
P9090412

しっかり整備された散策コースで、植物観察を楽しみながら進みました。
P9090415

P9090423

P9090424

P9090426

P9090434

P9090436

再び船に乗り込み、ビクトリア島へ!
ナウエルウアピ湖に浮かぶ国立公園指定の大きな島で、綺麗なビーチと森、神秘的な雰囲気が広がります。
現在は管理者しか住めず、大切に保護されている島。松や糸杉をはじめ、空へ向かってスッと伸びる樹林帯の中、大自然を感じながら島をゆっくり散策しました。
P9090450

P9090454

P9090458

P9090464

P9090470

P9090472

P9090481

P9090486

本日はバリローチェ最後の夜、レストランEl Pataconでフェアウェルディナー。
アルゼンチンラムのアサード、パンパ牛のチョリソーと美味しいワインに舌鼓。たっぷり堪能いただきました!
P9090492

P9090493

P9090495

P9090500

P9090507

P9090520

P9090523

P9090525

今回ツアーでお誕生日を迎えられたお客様。素敵な1年になりますように、おめでとうございます!
P9090527

P9090529

楽しい日を過ごしていただけたらフェローもうれしいです!ありがとうございました。
水澤 史

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

【9/2発アルゼンチン・バリローチェ】滑走4日目: 広範囲にロング滑走!

Buenos dias!
9月7日(水)
アルゼンチンスキー4日目
晴れのち曇り、気温7度〜3度

今日は再びセッロカテドラルスキー場へ。
カテドラルの象徴ともいえる赤いロ-プウエイ、今はスキーしない観光目的専用となっています。昔はこれでスキーしたのですが。乗客が少なかったので交渉してみましたが、やっぱりだめでした。
P9070298

今日は2班とも山に向かって右側のコンドリエリアスタート。
P9070300

P9070304

P9070306

全員で山頂、ピエドラデルコンドル(コンドルの岩)1800mから最後のナウエルウアピ湖と昨日行ったセッロバ-ジョ、ビラアンゴストゥーラ方面を遠望しながら、写真撮影&見納め。
明日は雪?雨?予報なので。銀色に輝く湖面を眺めながら、時間を忘れて見入ってしまいました。
P9070309

P9070311

P9070318

<ゆっくり、のんびり班>
ゲレンデ中央エリアをゆっくり、写真撮影しながらランチタイムへ。
P9070330

P9070331

ランチは、夏の小屋にもなっているプンタネバダ小屋1600mで。
今日の定食が人気、私はミラノ風カツレツ、アルゼンチンバ-ジョンを注文、こんなに大きくびっくり!
P9080348

午後もゆっくり、のんびり、しかし結構ロング滑走をとりいれながら、広大なゲレンデを左側へと移動しながら、プリンセッサエリアへ。途中から強風、湖面の色が怪しげに銀色から黒へと空も異様な雰囲気にストームの前兆かもしれません。なんとか連絡リフトも止まらず、最後の滑走を終えてアマンカイゴンドラで無事に下山できました。途中で○○夫人がもう帰りた〜い。と疲れもでてきたようですが、グランカテドラルは大きいので、そんなに簡単には麓まで戻れませ〜ん。すみません。あと少しと騙しだましながら無事にゆっくり、のんびり班もグランカテドラルスキー場を全面制覇しました。
お疲れ様でした。
水澤

<滑り班>
1本目からロング滑走にご案内。午後は緩んでしまう日当たり良い斜面を中心に、空いてる間にたっぷり滑りました。
P9070322

P9070326

P9070327

下の方はザクザク雪ですが、皆さん強いスキーでカバー。景観も堪能しながら滑り込みました!
P9080332

P9080334

P9080336

P9080337

P9080339

ランチはゲレンデの中心、Punta Nevadaレストランにて。ボリュームたっぷりの食事を楽しみました。
P9080345

※本日のランチ
P9080347

午後は少し雲が出て風が強まりました。
まだ乗っていないリフトやコースを滑りながらアマンカイエリアへ移動し、最後ノンストップでロング滑走後、下山しました!
P9080350

P9080352

P9080354

P9080355

P9080356

今日も無事に終了、ありがとうございました!
P9080359

アフタースキーは、希望者を募ってCervezzeria(ビアバー)へ。バリローチェの街中には、ワインバーはもちろん、地ビールを楽しめるバーがいくつもあります。ここは通称「ビール通り」と呼ばれるビアバーが並ぶ場所。
P9080361

P9080362

P9080365

P9080366

様々な賞を獲得した地ビールはじめ20種類近くもあります、まずはサンプルを用意してもらい少しずつテイスティング。
その中で好きなものを選んでオーダー、乾杯しました!
P9080370

P9080374

P9080375

夕食前にはホテルのロビーで、マーティンに撮影してもらった滑りの映像を見て楽しみました。
P9080379

明日は天気が崩れる予報、オプションに参加される方が多そうです。

春山 泉

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

【9/2発アルゼンチン・バリローチェ】滑走3日目: セッロバージョへスキー遠征

すばらしいお天気に恵まれた、アルゼンチンスキー3日目。
今日はバリローチェから、国道40号線、途中から231号線、通称パタゴニアのセブンレイクスロ-ドを北へ80km走ってセッロバ—ジョスキー場へ行ってきました。
P9060047

P9060053

P9060056

ナウエルワウアピ湖とビクトリア島を北側から、西側に氷河を頂くトルナド-ルもその雄姿(3478m)が私達を出迎えてくれました。3峰がアルゼンチンとチリに国境をまたいで裾野を落とす南米大陸の名峰です。氷河が溶けて落下するとその振動で地鳴りがするほどです。そんな意味では、セッロバ-ジョは、カテドラルスキー場より景色はさらに素晴らしい。山頂に上がればナルウエルウアピ湖は勿論、セブンレイクスの一つであるコレント-ソ湖も眼下に見える絶景が堪能できます。ゲレンデは山頂付近には、オフピステ、アルゼンチンでは、通称フエラデピステを自由に滑らしてくれるレイアウトが素晴らしい限りです。バリローチェ滞在なら絶対に1日は、セッロバ-ジョがおすすめです。景観の素晴らしいコ-ス、滑り応えあるオフピステコ-ス、往復の点在するセブンレイクスロ-ドのビューポイントを楽しみながらのパタゴニアスキー!
P9060065

P9060069

P9060070

P9060072

P9060083

P9060084

P9060085

P9060093

P9060103

P9070106

P9070108

P9070112

P9070116

P9070130

P9070134

P9070138

P9070124

P9070141

P9070147

P9070152

P9070154

P9070158

P9070163

P9070171

P9070177

P9070182

P9070190

P9070191

P9070194

下山後はビィラアゴンストゥ-ラに立ち寄り、ナウエルウアピ湖と銀色に輝くアンデスのコントラストを楽しみカフェ。帰路では荒涼としたパンパを見て締めくくりました。
P9070199

P9070203

P9070204

P9070208

P9070212

P9070219

P9070226

P9070227

P9070229

P9070240

P9070242

P9070258

P9070259

P9070263

P9070265

P9070279

P9070287

P9070296

フェローにとっても久々のパタゴニアスキー、参加者のみなさんにとっても新たな海外スキーの歴史が刻まれたようでうれしいです。
水澤 史、春山泉

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

【9/2発アルゼンチン・バリローチェ】滑走2日目: パタゴニア絶景スキー!

Buenos Tardes!
アルゼンチン、バリローチェよりお届けします。
滑走2日目の本日、雲ひとつない快晴に恵まれました!!
P9069981

昨日同様ホテルから車で約20分、カテドラルスキー場へ。今日はスキー場のスタッフがレセプションを開いてくれました。
プロモーションマネージャーのマヌエルよりプレゼンがありスキー場を熱心に紹介。
P9059908

映像撮影をお願いしたマーティンも一緒に、全員で記念撮影!
P9059910

P9059911

スキー場スタッフに見送られてスキー滑走開始。今日は雲ひとつ無い快晴、絶景スキーをお楽しみ頂きました。
P9059913

P9059917

P9059918

朝イチは日光に反射して光るナウエルウワピ湖とグティエレス湖を目下に滑走。
P9059920

P9059914

昨日滑走した、アマンカイエリアからエリアを移動し広範囲に滑ります。
P9059925

P9059926

P9059935

P9059938

エリアトップのNubes2100mより裏側、西の方面にトロナドール山3478mや、チリの火山オッソルノ山まで。さらに、ナウエルウアピ湖に浮かぶビクトリア島や対岸の奥に望めるセロ・バージョはじめ雪をかぶった山々・・・パタゴニアの大パノラマを堪能しました!
P9059948

P9059952

P9059945

P9059932

P9059943

P9059950

P9059954

P9059956

写真とビデオもたくさん撮影しながら滑走。今日は平日なので昨日より空いていて快適でした!
P9059960

P9059961

P9059964

P9059966

P9060001

P9069986

P9069979

ランチは山小屋レストランにて。

P9069989

P9069995

午後、スピード班は手前のエリアで滑れる範囲まで、湖へ飛び込むようなスキーを楽しみました。
P9069981

P9069997

P9069999

P9060007

P9060004

最後は6人乗りリフトで景色を楽しみながら下山して終了となりました。
P9060009

P9060010

P9060014

夕方の街散策、今日は地元ワイン専門店へ。その名もPatagonia Vinos ! 多種多様なアルゼンチンワイン、パタゴニア産ワインが揃っています。オーナー自ら紹介してくれました。飲み比べ、試飲もしながらご購入~!
P9060024

P9060028

P9060033

今日の夕食は外食。街中のイタリア料理レストランへ行ってきました。料理の写真は撮影しましたが、お話に夢中で食事風景の写真を撮影し忘れました…。
P9060043

P9060044

P9060045

P9060046

天候に恵まれて充実した1日に乾杯。
明日は1日スキー遠征、セロバージョへ行ってきます。Hasta Maniana!

春山 泉

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

【9/2発アルゼンチン・バリローチェ】滑走1日目:カテドラルスキー場

9月4日(日)曇り時々晴れ、気温➖2度〜8度

南米スキー滑走初日スタート、久々開催のバリローチェ(アルゼンチン)です。
バリローチェのホテルから専用車で約20分、グランカテドラルスキー場へ。
車窓から広大なナウエルウアピ湖畔とアンデスが織り成す絶景を眺めながら、徐々に900mまで標高を上げてスキー場までの景観を楽しむとスキー場へ到着。
P9049809

P9049810

赤いアマンカイゴンドラ、リフトを乗り継いでプンタプリンセッサ(1956m)へ。積雪は少なめですが天然雪100%の変化に富んだ斜面で足慣らし。
P9049811

眼下に銀色に輝くナウエルウアピ湖とトラフル湖を眺めながら氷河を頂くチリ国境に聳えりアンデスも美しくバリローチェならではのスキーをエンジョイしました。
P9049812

P9049820

P9049821

P9049823

P9059828

午後はエリアを少し移動しながら、ロング滑走を楽しみました。滑走の様子↓

本日の春山班、ゆったり足慣らし。
P9059829

P9059832

P9059833

P9059842

アフタースキーは、活気に満ちたバリローチェの街を散策。
P9059849

P9059851

P9059857

P9059863

バリローチェの象徴である湖畔に建つ、カテドラルを訪れました。
P9059864

P9059874

神父さんに特別な計らいで、鐘楼に上がらせもらい、バリローチェを見下ろす絶景にみなさん、大感激されていました。確かにこんな景色はなかなか見ることはできません。パタゴニアの美しさをカテドラルから堪能できました。
P9059875

P9059879

P9059873

P9059882

P9059883

P9059891

P9059895

水澤 史

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

8/27発バジェネバド 滑走4日目 エルコロラド

昨日は視界不良のため、バジェネバドの限られたエリアでの滑走となりましたが、本日のバジェネバドには青空が戻って来ました!

ということで隣接するエルコロラドエリアへ。途中、パラリンピックに向けてトレーニングをする日本代表チームに遭遇しました。

エルコロラドの山の半分は荒涼とした感じですが、ここを回り込みなエルコロラドを目指します。

IMG_9845

途中からは先日滑ったラパルバエリアが見えてきたので、写真タイム。

IMG_9846

エルコロラドのエリアを下から見るとこんな感じです。硬めのスノーコンディションでしたが、レーサーたちのトレーニングにはちょうど良いようで、いくつかのコースではポールを張ってのトレーニングが行われていました。

IMG_9849

エルコロラドから下界をバックに1枚。お休みの方、ヘリスキーにいらした方がいるので、人数少な目です。

IMG_9854

午後には山頂に延びる急斜面の長いTバーにも挑戦。途中で落ちた方も居ましたが・・・(笑

IMG_9856

上の方からはバジェネバドのホテルも見えています。その後バジェネバドエリアに戻ってからはノンストップでのロング滑走などをお楽しみいただきました。

IMG_9859

今日もアンデスの夕焼けは美しいです。

IMG_9874

ジャグジーからもこんな景色が楽しめます。

IMG_9875

そして標高が高いこともあり、星空も見事です。

IMG_9886

ここに泊まったら是非星空を見上げてみてくださいね。

IMG_9887

 

明日は午前中はフリー滑走をお楽しみいただき、サンチャゴ観光を経て帰国します。

 

 

神﨑 裕一

カテゴリー: バジェネバド | コメントをどうぞ

8/27発バジェネバド 滑走2日目ラパルバ

滑走2日目を迎えた本日はラパルバへと行ってきました。リフトを乗り継ぎ、ラパルバへ。まずはラパルバへようこそ!の看板前にて集合写真。

IMG_9790

こちらもバジェネバドにも増して午前中空いてます!まだまだピステンの跡が残り、上手くなった気分で気持ちよく滑れました。

IMG_9798

眼前にはこんな雄大な風景が広がります。サンチャゴも遠くに見えていました。

IMG_9803

軽快にシュプールを刻んでいますが、オフピステもお手の物のお客様。

IMG_9807 IMG_9811

ポールを立ててレースのトレーニングをしているコースがいくつかありましたが、ベース付近では可愛らしいちびっこレーサーのレースが開催されていました。

ランチレストラン横では表彰式が開かれていました。

IMG_9830

午後になると雪が緩み、重たい雪に変わってきたので早めにホテルへ。ジャグジーやサウナで今日の疲れを取って頂きました。

IMG_9832

今日は雲が多かったのですが、こんな美しい雲なら大歓迎です。ピンク、赤と刻々と色を変える空とアンデスの山々。この景色を見るだけでも、来る価値があります。

IMG_9840

今日のディナーはイタリアンへ。デザートはパッションフルーツのパンナコッタでした。爽やかな酸味でとても食べやすかったです。

IMG_9844

 

明日はエルコロラドエリアに行ってきます。Hasta luego.

 

神﨑 裕一

カテゴリー: バジェネバド | コメントをどうぞ

8/27発バジェネバド滑走初日

アトランタ経由にてサンチャゴへ。そこから2時間弱でバジェネバドに到着した今シーズン2本目のバジェネバドツアー、滑走初日を迎えました。

雲一つない青空が広がり、気持ちよい滑走初日を迎えました。

IMG_9728

本日はバジェネバドエリアにて足慣らし。エルプロモ(5430m)をバックに集合写真。ご存じのとおりエリア全体の標高が高いので、皆様が居る場所で海抜3300mです。そんな標高でも皆様初日から元気に滑って頂きました。

IMG_9733

最近降雪があったおかげで雪質は上々。

IMG_9741

午前中は特に空いているので貸切状態でロング滑走も快適です。夜は遅くまで飲んでいる人たちが多いからかもしれません。

IMG_9746

標高が高いこともあり、青空の色が濃いです。

 

IMG_9764

今回はテレマークのお客様もご参加です。

IMG_9773

午後はTバーに乗ってTres Puntas(3670m)へ。スキーエリアで1番高い海抜です。エルプロモがより近くに見えます。右端の鋭角の山はビスマルク(4700m)です。

IMG_9778

午後は日差しのせいで雪が緩んできましたが、初日からたっぷり滑って頂きました。

IMG_9781

本日の夕食は前菜、メイン、デザートをそれぞれチョイスする、チリ料理のレストランへ。

↓セビチェ(魚介のマリネにライムを絞った爽やかな味です。)

IMG_9783

 

↓ポークリブ。トウモロコシの皮に包まれたのは焼く前のトルティーヤのようなものでした

IMG_9784

↓フルーツサラダ。もちろんアイスやケーキ類もあります。

IMG_9785

 

明日はラ・パルバ方面へ足を延ばしてきます。

 

神﨑 裕一

 

カテゴリー: バジェネバド | コメントをどうぞ